デントールで愛煙家の歯の黄ばみに悩む23歳の女性の為のデンタルケアの常識?

膝をすりむいても、腕を骨折しても、治療をすれば体本来の治癒力で治っていきます。
しかし、歯は治すことが出来ません。治療をしても、削れた歯がもとに戻ることはなく、抜けても自然に生えてくることはありません。
ですから、万が一のことが起こる前に、毎日のケアをしっかり行いたいですよね。
虫歯の予兆のひとつに、歯の黄ばみがあります。これは、歯に汚れやステインがこびりついている状態です。毎日歯磨きをしていても、黄ばんでしまうのですが、ではどのような歯磨きをすれば防ぐことが出来るのでしょうか。

 

 

 

デントールは、歯周ポケットの奥までしっかり届き、汚れをかきだすことが出来る電動歯ブラシです。
通常の歯ブラシでは、歯と歯茎の間に十分に入り込むことが出来ませんでした。そこで磨き残しが発生し、汚れやステインが落ち切らずに、歯の黄ばみを防ぐことが出来なかったのです。

しかし、デントールなら、歯と歯茎の間までしっかり届いて洗浄することが出来るので、歯に汚れを残しません。
また、マッサージ効果を得ることも出来るので、血流が良くなります。歯に栄養がしっかり届くと、歯の内部にある象牙質の劣化による黄ばみを防ぐことも出来ます。

 

しかし、大きな機械なので、持ち運びには適していません。旅行先ではケアが出来ないのです。
また、高額な商品です。ブラシも消耗品なので、随時買い足す必要があります。オーラルケアとはいえ、継続していくためには多額な出費が必要であることを念頭に置きましょう。
使用時の音も気になるところです。仕事などで夜遅く帰宅する場合、周囲への配慮が必要になります。

 

歯と歯茎の隙間をキレイに磨くことは、歯の黄ばみを防ぐことにもつながります。そのために、歯ブラシよりもデントールの方が、より深く汚れを落とすことが出来ます。
しかしもちろんそこには、メリットだけでなくデメリットも存在するのです。
あなたにとって理想の歯磨きをするために、デントールが役に立つのであれば、使ってみてはいかがでしょうか。

TOPへ